フィラリア症って知ってる?ワンちゃんを“蚊”から守ろう

犬の病気

春から秋にかけ、熱中症に加えて気をつけたいのが蚊による被害。私たちにとっても蚊は刺されるとかゆみを引き起こすイヤな虫ですが、ワンちゃんにとっても健康被害を招くこともあるやっかいな存在です。特に気をつけたいのが、フィラリア症(犬糸状虫症)という病気。時に命に関わる危険な病気ですが、正しく予防することで愛犬を守ることができます。

ワンちゃんが蚊に刺されるとどうなる?

全身を毛に覆われているワンちゃんも蚊に刺されます。その際はどんな反応が起こるのでしょう?

かゆみや腫れ。ただし分かりにくい!

 ワンちゃんも蚊に刺されるとかゆみを感じるようですが、私たちのように強いものではないようです。さらに全身を毛に覆われているので、刺された箇所を見つけることは容易ではありません。

アレルギー症状を引き起こすことも

ノミに刺された際、唾液に反応してアレルギーを引き起こすことがあるように、蚊に刺されたときにも吸血されることによってアレルギー反応が起こることも。その時は強いかゆみが起こるようです。

最も気をつけたいフィラリア症

蚊に刺されることで、最も恐れるべきはフィラリア症。どんな特徴があるのか見ていきましょう

蚊を媒介して感染

フィラリア(犬糸状虫)という寄生虫が引き起こすフィラリア症。これは蚊を媒介し、フィラリアの幼虫がワンちゃんに寄生するもの。幼虫は血管に入り込み、最終的に心臓や肺動脈に成虫が寄生したり、他の病気を悪化させたりすることがあります。

深刻な健康被害を引き起こす

フィラリアの成虫が心臓にまで寄生してしまうと、さまざまな異常が起こります。主なものには、ぐったりする、貧血、咳、腹水、呼吸困難など。肝臓や腎臓にも影響を及ぼすことがあり、最悪の場合は死に至ることもある恐ろしい病気です。

手術や長期の治療が必要に

フィラリアの成虫が心臓に寄生した場合、手術で摘出するという方法があります。ただし高度な技術や特殊な設備が必要になるため、手術ができる動物病院には限りがあると言われています。他にも薬で駆除する方法もありますが、治療期間が長期になることも。

フィラリア症を予防するには

蚊に刺されないことがベストですが、なかなかそうはいかないもの。そこで予防をしてフィラリアに備えましょう。

定期的な予防薬が効果的

最も有効とされているのは、薬による予防方法が発生するシーズン(春から秋)は定期的に投与し、万が一ワンちゃんが蚊に刺されてフィラリアが寄生しても、幼虫(心臓に到達する前の段階)のうちに駆除していきます。予防薬については獣医師に相談しましょう。

蚊が多く潜む場所は避けて

愛犬を散歩へ連れて行く際は、なるべく蚊が存在しない場所を選ぶように。特に川のほとりといった水辺、雑草が生い茂っている草むらは避けるように。予防薬と並行して、を寄せ付けない効果のある首輪や洋服などを着せて散歩に出るのも良いでしょう。

蚊よけグッズも活用しよう

蚊とり線香や虫除けスプレーを使うことも有効ですが、必ずペット用として販売されているものを選んで。例えば人用の蚊とり線香に含まれる殺虫成分には、ワンちゃんがアレルギーを起こすものもあります。安全性の高いものを選び、製品の注意事項をよく確認しましょう。

まとめ

「室内暮らしだから大丈夫」「ウチはマンションの高層階だから蚊は来ない」なんて思っている方もいるかもしれませんが、は上昇気流に乗ってマンションの高層階までやってくることもあり、人にくっついて室内に侵入することも。どんなワンちゃんもフィラリア症予防は必ず行ってください。また、涼しくなって蚊がいなくなったからと自己判断で予防薬をストップするのもNG。蚊が発生する最後のシーズンにフィラリアが寄生していた場合、予防薬を飲ませていないと病気が発症することも。定められた投与スケジュールを守ってくださいね

合わせて読みたい記事

よく読まれている記事ランキング

  1. 1

    愛犬の歩き方。足を引きずる、浮かせる…のサインを見つけたら。

  2. 2

    アイスや果物は大丈夫?犬に与えていい食べ物、ダメな食べ物

  3. 3

    知ってる?目の周りが変色する!“犬の涙やけ”と対策

  4. 4

    愛犬に血便がでたらどうする?原因は?

  5. 5

    “痒み”や“赤み”…季節の変わり目は愛犬の皮膚トラブルに用心!

過去記事一覧

TOP