ワンちゃんの“ヒート(発情期)”を知ろう

犬の病気

人間の女性に生理があるように、避妊手術をしていないメスのワンちゃんにも生理が訪れます。愛犬が出血しているのを見て驚くことがあるかもしれませんが、これはごく自然なこと。ただしワンちゃんの場合、正確には「ヒート(発情期)」と言って人の生理とは大きな違いがあります。犬種によって異なりますが大半は半年に1回、年に2回ほどヒートが起こります。年齢的には成熟期を迎えた生後6~10ヶ月頃に初回の発情が訪れ、5~10ヶ月と長く続くのが特徴です。

ワンちゃんのヒート(発情)周期

ワンちゃんのヒート(発情)期間は5~10ヶ月。さらに以下の4期に分かれます。

発情前期(約7~10日間)

外陰部が腫れが見られ、発情出血が始まる時期。排卵準備を始めて交尾に備えます。ただし出血が少なく、愛犬が自分で血を舐めとった場合はヒートに気がつかないことも。そわそわと落ち着かない、陰部をよく舐めるといった行動がないかチェックしてください。

発情期(約7~10日間)

出血量が少なくったり出血の色が薄くなったりするこの時期は、オスとの交尾が可能に。発情期に入って2~3日で排卵し、その前後5日間ほどが妊娠可能期間となります。オスのワンちゃんのところに行きたがる、イライラするなど行動の変化が起こりやすいのもこの時期。

発情後期(発情休止期)(約2ヶ月)

発情期が終わると出血が止まり、今後はオスのワンちゃんを拒否するようになります。この期間は約2ヶ月続き、妊娠していれば2ヶ月後には出産。ただし、妊娠していないと「偽妊娠」を起こすことがあります。ホルモンの影響で乳腺が発達し、中には母乳が出ることも。

無発情期(約1~8ヶ月)

発情後期が終わると、発情していない時期である「無発情期」へ。繁殖活動が徐々に低下してホルモンも落ち着いてきます。この期間は約1ヶ月から次の発情期に至るまで続くこともありますが、個体差が大きくそれによって発情周期が決まると言われています。

ヒート中に気をつけたいこと(ケア・食事)

ヒート中にはさまざまな体の変化が訪れます。気をつけたいケアのポイントを見ていきましょう。

発情出血による汚れ

大型犬は出血量が多いことがありますが、小型犬は少量なのでほとんどが自分で舐めとります。ただし、ソファーやベッドが出血で汚れることもあるので、汚れが気になる場所にはカバーをかけるなど対策を。専用のオムツも市販されていますが、かぶれることもあるので注意して。

食欲の低下

ヒートが始まると、個体差はありますが食欲が低下することがあります。多少であれば様子を見て、フードを温めてニオイを強めたり、嗜好性の高いウェットフードを混ぜてあげても良いでしょう。ただし全く食事を食べない日が続く場合は、動物病院に相談を。

ヒート中に気をつけたいこと(過ごし方)

ヒート中は行動の変化やオスへの影響が起こる時期。外出する際には特に気をつけましょう。

ドッグランやカフェの利用は控えて

オスはメスのヒート(フェロモン)に反応して発情します。お散歩の際は他のワンちゃんに会わないようにコースを変えるなど対策を。また、ヒート期間はドッグランやカフェの利用も控えるように。オスがフェロモンに反応して興奮するとトラブルの原因になるので要注意。

偽妊娠は静かに見守って

発情後期に偽妊娠になると、ぬいぐるみを自分のベッドに持ち込んだり、子犬のように扱って離さなくなるといった行動を起こすことがあります。無理に取り上げようとすると噛み付かれる危険性も。時期が過ぎると自然に終わるので、そっと見守ってあげましょう

まとめ

メスのワンちゃんを迎える際はヒートについて正しく理解しておく必要があります。また、発情出血は自然なことですが、1ヶ月を超えても出血が続く場合は子宮蓄膿症といった病気も考えられるので動物病院で診察を。愛犬の妊娠を望まない場合は、避妊手術をすることも一つの手。一般的には生後6ヶ月前後から避妊手術をすることが多いですが、最初のヒート前に手術を行うと乳腺腫瘍の発生を高い確率で予防できるとも言われています。個体差もあるので、手術のタイミングについてはかかりつけの獣医師に相談してください。

合わせて読みたい記事

よく読まれている記事ランキング

  1. 1

    愛犬の歩き方。足を引きずる、浮かせる…のサインを見つけたら。

  2. 2

    アイスや果物は大丈夫?犬に与えていい食べ物、ダメな食べ物

  3. 3

    知ってる?目の周りが変色する!“犬の涙やけ”と対策

  4. 4

    “痒み”や“赤み”…季節の変わり目は愛犬の皮膚トラブルに用心!

  5. 5

    愛犬に血便がでたらどうする?原因は?

過去記事一覧

TOP