愛犬がくしゃみをする、体を掻く…もしかして花粉症かも!

犬の病気

こんな症状があれば花粉症かも

皮膚をかゆがり、赤みがある

ワンちゃんの花粉症(花粉アレルギー)の多くは、私たちと違って主に皮膚に症状が現れます。体に激しいかゆみブツブツ赤みが生じ、しきりに体を掻きむしったり脱毛するようなことがあれば要注意。体を何度も舐めることで皮膚が赤くなることもあります。

くしゃみや鼻水

愛犬が繰り返しくしゃみをする、鼻水が多く出るといった症状がある場合も、花粉によるアレルギーの可能性があります。ただしワンちゃんの鼻水には歯周病や異物混入ウイルスの感染といった可能性も考えられるので、元気食欲といった状態も合わせてチェックを。

涙が出る、目をかゆがる

いつもより愛犬の涙が多い目やにが多い場合も花粉によるアレルギー症状が疑われます。かゆみを伴い目が充血して結膜炎になることも。目を掻くことでさらに炎症が悪化することがあるので、症状が酷い場合はエリザベスカラーの着用が必要になります。

うららかな陽気が続いて春の訪れを感じる頃、増えてくるのが花粉症のお悩み。鼻のムズムズ目のかゆみといった症状が特徴的ですが、実はワンちゃんにも起こる疾患なのです。そもそも花粉症はスギブタクサといった花粉が目や鼻に入り、体がそれを“異物”とみなして排除する作用が過剰に起きることで発症します。ワンちゃんの場合も同じで、花粉によるアレルギー症状が起こることでかゆみなどの症状が起こるようです。

花粉症が疑われたら

病院でアレルギーチェック

「春だし、かゆがるから花粉症だろう」と見過ごすのは危険。他のアレルギー症状疾患の可能性もあるので、気になる症状があれば動物病院を受診しましょう。病院ではアレルギー検査をすることができ、何に対してアレルギーを起こしているのか特定することもできます。

花粉症になりやすい犬種かチェック

犬種によっては、花粉症になりやすい傾向があるので愛犬の種類をチェックしましょう。シーズー、柴犬、フレンチ・ブルドッグ、パグ、ボストン・テリア、ウェスティ、ゴールデンレトリバーなどの犬種がアレルギー症状を起こしやすいと言われています。

花粉症の対策方法

花粉が多い日や草むらの散歩を避ける

雨が降った翌日の晴れた日や湿度が低い日は花粉が飛びやすい傾向に。また13~15時、17時~19時頃は花粉の飛沫が多いと言われているので、愛犬の散歩の際は天候や時間を調整し、花粉と接触しないように気をつけて。花粉がつきやすい草むらには近寄らないように。

散歩の際は愛犬にウェアを着せる

花粉が多い時期は、愛犬にウェアを着せて散歩に行くのも有効です。専用のアレルギー対策ウェアや静電気を防止するウェアなども市販されているので活用するのも◎。散歩から帰ったら家の外でウェアを脱がせ、花粉を家の中に持ち込まないようにしましょう。

散歩後は愛犬の体を拭いて花粉を落とす

帰宅したら玄関先で愛犬の体をブラッシングしましょう。水で濡らして硬く絞ったタオルウェットティッシュで、愛犬の手足や体も拭いてください。定期的にシャンプーリンスをするのも有効です。皮膚を守るために保湿効果の高いリンスを使うのもおすすめ。

飼い主さんも帰宅後は服を払う

愛犬ばかりに気がいってしまいがちですが、飼い主さんの花粉対策も入念に。帰宅した際は、玄関に入る前に服に付着した花粉を払い、家の中に花粉を持ち込まないようにしましょう。さらに外出する際は、花粉が付きにくい素材のものをチョイスすると◎。

家の掃除はいつもより念入りに

花粉が多い時期は、こまめに家中の掃除をするように心がけましょう。掃除機をかけた後は、水拭きまでしっかり行って花粉を取り除いてください。愛犬が使っているベッドシーツなどの寝具、ぬいぐるみといった布製品の洗濯も忘れずに。

まとめ

皮膚のかゆみはワンちゃんにとって大変辛い症状です。春は暖かくなってお出かけが楽しくなる時期ですが、しっかりと対策をして症状が悪化しないようにケアしてください。それと合わせて、日々愛犬の皮膚の状態をチェックするのも花粉症対策になります。スキンシップブラッシングを通して、愛犬を不快な花粉症から守ってあげましょう

合わせて読みたい記事

よく読まれている記事ランキング

  1. 1

    愛犬の歩き方。足を引きずる、浮かせる…のサインを見つけたら。

  2. 2

    アイスや果物は大丈夫?犬に与えていい食べ物、ダメな食べ物

  3. 3

    知ってる?目の周りが変色する!“犬の涙やけ”と対策

  4. 4

    “痒み”や“赤み”…季節の変わり目は愛犬の皮膚トラブルに用心!

  5. 5

    愛犬に血便がでたらどうする?原因は?

過去記事一覧

TOP