愛犬が草を食べる…これってOK?中には危険な植物も!

ワンちゃんと食べ物

散歩の際、愛犬が道端の草を食べちゃった!そんな経験のある飼い主さんも多いと思います。猫は毛づくろいによって飲み込んだ毛を吐き出すために草を食べる習性がありますが、犬の場合ははっきりとした理由が分かっていないと言われています。それでも「どの草を食べても大丈夫?」「体に害はないの?」と心配になりますよね。そこで今回はワンちゃんが草を食べる理由を考察しながら、注意したいポイントについて紹介していきます。

ワンちゃんが草を食べる理由

どうしてワンちゃんは草を食べるのでしょうか?草をムシャムシャと食べるのは、体調管理精神安定などさまざまな理由が考えられます。

胃腸の調子を整える

胃腸の調子が悪い、もしくは胸やけがする際に草を食べることがあるようです。下痢や便秘などの症状が見られる場合はまさにこの理由かも。多くは先が尖ったイネ科の植物を好んで食べますが、お腹の調子を整えるハーブ類を食べることもあるようです。

栄養補給

普段食べているフードの栄養が不足していたり、オヤツばかりで栄養が偏っていたりする場合、ワンちゃんは本能的に不足している成分を補うためにビタミンやミネラルが含まれた草を食べることがあります。

草の香りや歯触りが好き

単に「草が好き」という理由から道端の草を食べている可能性も。独特臭いや草が切れる際のブチブチとした歯触りが好きというワンちゃんもいるようです。もしくは、遊びの一貫で草を食べることもあります。

ストレスを感じている

意外と多いのがこの理由。ドッグランに行っても草ばかり食べるというワンちゃんの場合は「飼い主さんと遊べない」「他の犬が苦手」といったストレスを感じ、気分を紛らわせるために草を食べることが。

草を食べる際に注意したいこと

草を食べること自体は問題ありませんが、その草がワンちゃんにとって有害である場合は注意が必要。

毒性のある植物に注意

私たちには無害でもワンちゃんには毒性があり、食べると嘔吐や下痢、血便などの症状が起こる植物があります。以下の植物には注意してください。アジサイ・アサガオ・アロエ・スイセン・パンジー・菊・マリーゴールド・ハイビスカス・シクラメン・チューリップなど

除草剤に注意

道端や公園には除草剤や殺虫剤が撒かれている可能性があります。量や種類にもよりますが、それらの薬物を口にすると嘔吐や痙攣などの症状が起こり、最悪の場合は死に至ってしまうことも。「除草剤散布中」の看板がある場所や、不自然に草が生えていない場所には要注意。

衛生環境に注意

草むらはマダニやノミといった寄生虫が多く生息しているスポット。虫が体に寄生すると皮膚炎を起こしたり、血を吸われることで貧血を引き起こしたりする可能性もあります。また、草むらには他のワンちゃんやネコ、野生動物の排泄物が付着していることも。

草を食べさせたくない時は

草に近づこうとしたら軽くリードを引いて止めさせて。その他の対処法として、以下も試してみると◎。

猫草を与える

一般的に「猫草」「キャットグラス」と呼ばれるのは、エン麦などの背が低いイネ科の植物。ワンちゃんはこの尖った葉先によって胃腸を刺激し、体調を整えているようです。この猫草の種や栽培セットはホームセンターなどで市販されているので、自宅で栽培してみるのも◎。

代表の野菜を与える

ワンちゃんが草の食感を楽しんで食べている場合は、代用になる野菜を与えてみるのもいいかも。シャキシャキとした食感のキャベツや白菜、ニンジンなどをフードにトッピングしてあげるのも良いでしょう。ただしネギ類など中毒症状が出る野菜には注意して。

愛犬とのコミュニケーションを増やす

ストレスを感じて草を食べている場合は、散歩中にアイコンタクトをとったり一緒に遊んだりするなど、愛犬とコミュニケーションをとるように心がけてみてください。散歩やドッグランの時間に「プラスα」をして、愛犬を満足させてあげましょう。

まとめ

ワンちゃんが草を食べる行為はごく自然なこと。ただし、道端や公園に生えている草には除草剤や寄生虫といった危険性があるので、注意する必要があります。散歩中は草むらには近寄らないのがベター。ご自宅で猫草などのワンちゃんが食べても問題ない植物を育てて、好きな時に食べられるようにしておくと良いかもしれません。何より散歩中はよく愛犬の行動を見守って、危険な植物から守ってくださいね。

合わせて読みたい記事

よく読まれている記事ランキング

  1. 1

    愛犬の歩き方。足を引きずる、浮かせる…のサインを見つけたら。

  2. 2

    知ってる?目の周りが変色する!“犬の涙やけ”と対策

  3. 3

    アイスや果物は大丈夫?犬に与えていい食べ物、ダメな食べ物

  4. 4

    愛犬に血便がでたらどうする?原因は?

  5. 5

    “痒み”や“赤み”…季節の変わり目は愛犬の皮膚トラブルに用心!

過去記事一覧

TOP