ステイホームに!愛犬とおうちで遊ぼう

ワンちゃん豆知識

雨や外出自粛のため、愛犬を散歩やドッグランに連れて行けずストレスが溜まってしまう…。そんな時は、室内で愛犬と一緒に楽しく&賢く遊びませんか?狭く限られた空間でも、ワンちゃんの嗅覚や本能、知能を生かした遊びを上手に取り入れることで満足度を高めることができます。そこで今回は、ワンちゃんの内遊びにおすすめの遊びをいくつかピックアップ。家にあるものを使ってできるので、ぜひ参照にしてみて!

ワンちゃんが“遊ぶ”ことの意味を知ろう

ワンちゃんが遊ぶことは「楽しい」でだけでなく、実はさまざまな意味や役割があります。

ワンちゃんの本能や欲求を満たす

元々「犬」という動物は群れで狩りを行って暮らしていました。そのため「獲物を追いかけて捕らえる」「嗅覚を使って獲物を探し出す」という狩猟本能を持ち合わせています。遊ぶことでそんな本能や欲求を満たすことができ、ストレス解消につながることができます。

問題行動の予防・解消

散歩にも行かず、何もせずに過ごす時間はワンちゃんにとって刺激がなく、退屈でなりません。実は、知能の高いワンちゃんにとって“退屈すること”はかなりのストレス。有り余ったエネルギーの使い道がないと、無駄吠えや破壊行動といった問題行動を引き起こすことも。

飼い主さんとのコミュニケーション

元々群れで暮らしていたワンちゃんは、仲間とのコミュニケーションを必要とする動物。群れの仲間である飼い主さんと一緒に何かをすることで喜びを感じる傾向があります。“遊び”を通じて愛犬が満足することができれば、飼い主さんへの信頼度がさらにアップ。

おすすめの室内遊び「体力編」

体力を使う室内遊びをご紹介。運動不足の解消はもちろん、肥満防止効果も!

引っ張り合いっこ

太めのロープ、もしくは古くなったタオルの片方を愛犬にくわえさせ、もう片方を飼い主さんが手に持ち、お互いに引っ張り合います。これは「捕らえた獲物を仲間でひっぱりあって食べる」という本能を満たす遊び。ただし愛犬が興奮しやすく噛み付かれる危険性があるので、10分ほどで終了するように

アジリティごっこ

「アジリティ」とは、飼い主さんと一緒に障害物をクリアする競技。これを、室内にある家具や生活用品を障害物に見立てて再現してみてローテーブルをくぐらせる、丸めたタオルを飛び越えさせるなど、アイディア次第でちょっとしたアジリティを体験できます。競技をクリアできたらたくさん褒めてあげてくださいね。

おすすめの室内遊び「知能編」

ワンちゃんの知能や嗅覚を使う遊び方をご紹介。本能を満たして満足度もアップ!

宝さがしゲーム

ワンちゃんの優れた嗅覚を発揮できるのがこの遊び。愛犬の好きなオヤツやオモチャを、カーペットの下や家具の後ろなどに隠し、「探して」といった合図を出して探してもらいます。最初はルールが分からずに戸惑うことがあるので、まずはオヤツやおもちゃを使って隠し場所まで誘導して。オヤツを見つけたらたくさん褒めてください。

知育玩具を使った遊び

転がすとオヤツが出て来るもの、噛むことでオヤツがでてくるものなど、「知育玩具」とよばれる市販のおもちゃを使った遊びもおすすめ。愛犬が楽しみながら知能を高めることができ、ストレス解消やエネルギー発散にもつながります。いろいろなタイプやサイズの知育玩具が市販されているので、愛犬に合ったものを選んで。

まとめ

犬種や体格、年齢にもよりますが、ワンちゃんが遊んで満足する時間は30分から1時間程度と言われています。ただし、テレビやスマートフォンをみながらの「ながら遊び」では飼い主さんとのコミュニケーションをしっかりと取ることができません。「ここからは愛犬と遊ぶ時間」という風に気持ちを切り替え、集中して遊んであげてください。また、遊びの開始と終了は愛犬ではなく飼い主さんが主導権をもって決めるように「飼い主さん=リーダー」と認識し、愛犬との信頼関係を築くカギになるので気をつけてください。

合わせて読みたい記事

よく読まれている記事ランキング

  1. 1

    愛犬の歩き方。足を引きずる、浮かせる…のサインを見つけたら。

  2. 2

    アイスや果物は大丈夫?犬に与えていい食べ物、ダメな食べ物

  3. 3

    知ってる?目の周りが変色する!“犬の涙やけ”と対策

  4. 4

    愛犬に血便がでたらどうする?原因は?

  5. 5

    “痒み”や“赤み”…季節の変わり目は愛犬の皮膚トラブルに用心!

過去記事一覧

TOP