愛犬の「吠え癖」を直すコツ。対処法&NG行動

ワンちゃんのしつけ

インターホンが鳴った時やゴハンを与える時、お散歩中に他のワンちゃんと顔を合せた時に愛犬が吠えて困る…とお悩みの飼い主さんも多いと思います。必要以上に吠えることは“ムダ吠え”とも言われますが、ワンちゃんは本当に無駄に吠えているのでしょうか?実は、“吠え”にはさまざまな理由があります。この理由を理解して対処することが吠え癖を直すポイントに。今回はその代表的な対処方法を紹介します。

なぜ吠える?大きな理由は3つ

警戒・恐怖

インターホンや来客に吠えるパターンの大半は警戒や不安から。自分の縄張りである家に“群れの仲間(家族)”以外の誰かが来ることで警戒心を抱き、力強く吠えることがあります。散歩中に他のワンちゃんに吠える場合は、威嚇や恐怖といった感情を抱いていることも。

要求・甘え

「オヤツがほしい」「散歩に行きたい」と、自分の要求を伝えるために吠えるワンちゃんもいます。中には、「構ってほしい」といった甘えの感情から吠えるコも。吠えるだけでなく、じっと見つめたり前足で引っかいたりして要求を表現するパターンもあります。

興奮

愛犬と遊んでいると、時に「ウ~ッ」と唸ったり激しく吠えたりすることがあります。これは、飼い主さんを威嚇しているのではなく、遊びに夢中になって興奮してしまったから。この他にも、飼い主さんが帰宅したことが嬉しくて吠えるワンちゃんもいます。

ムダ吠えをする時の対処法

ハウスに入れて落ち着かせる

警戒や恐怖で吠える時は、「ハウス」とコマンドを出したりオヤツを使ったりしてハウスやベッドなど愛犬が落ち着ける場所に誘導して。散歩中に他のワンちゃんに吠える時は相手が見えない場所に移動し、オヤツを使って飼い主さんに注意を向け、吠えなければオヤツを与えて。

無視する・立ち去る

要求や興奮で吠えている時は、ひたすら無視をすることも一つの手。もしくは吠えだしたら別の部屋に移動する方法も。すると愛犬は「吠えると無視される、飼い主さんがどこかに行ってしまう」と学習するように。吠え止んで落ち着いたら「いい子!」などと良く褒めて。

遊びを中断する

遊び中に愛犬が興奮して吠える場合は、そのタイミングで遊びを中断して。この行為を繰り返すことで、「吠えると遊びが終わる」と学習するようになります。理想は、愛犬が興奮して唸り出す前に遊びを止めること。普段の遊びから興奮のタイミングを見極めましょう。

これはダメ!ムダ吠えが悪化する対策

叩く・怒鳴る

ワンワンと吠えてうるさい時、激しく怒鳴りつけたり叩いたりするといった暴力的な行為は絶対にNG。ワンちゃんは自分を守ろうとしてさらに攻撃的な態度をとるようになり、飼い主さんとの関係が悪化するばかりか、凶暴な性格になってしまうことがあります。

反応する・構う

要求吠えをする場合、「はいはい」や「待って」などと返事をしていませんか?するとワンちゃんは「吠えると相手をしてくれる」と学習し、余計に吠えてしまいます。帰宅から帰って吠える場合にも「寂しかったね~」と必要以上に構うことも吠えを助長する要因に。

オヤツを与える

吠えてうるさいからオヤツを与えて落ちつかせようと思うかもしれませんが、これもあまりおすすめできません。「吠えるとオヤツがもらえる」と学習し、要求吠えを繰り返す可能性があります。ただしオヤツを与えるタイミングによっては吠え癖を改善することもできます。

まとめ

吠え癖を改善するには、飼い主さんと愛犬の根気が必要です。「これをやったからすぐ直る」という方法はないので、時間をかけて焦らずにしつけをしていきましょう。また、ワンちゃんの性格は十人十色。上で紹介した以外にも、飼い主さんと離れるのが不安(分離不安)で吠える、痴呆によって遠吠えをするなど、吠えるという行為にはさまざまな理由が考えられます。紹介した方法を試してみても一向に吠え癖が直らないようであれば、プロのトレーナーに相談することをおすすめします。

合わせて読みたい記事

よく読まれている記事ランキング

  1. 1

    ワンちゃんの歩き方。足を引きずる、浮かせる…のサインを見つけたら。

  2. 2

    アイスや果物は大丈夫?犬に与えていい食べ物、ダメな食べ物

  3. 3

    知ってる?目の周りが変色する!“犬の涙やけ”と対策

  4. 4

    愛犬に血便がでたらどうする?原因は?

  5. 5

    “痒み”や“赤み”…季節の変わり目は愛犬の皮膚トラブルに用心!

過去記事一覧

TOP