首輪とハーネス、どちらを選ぶべき?

ワンちゃんのしつけ

ワンちゃんとのお散歩やお出かけの際に欠かせないのが、リードと首輪orハーネス。突然ですが、愛犬に首輪、もしくはハーネスを選んだ基準は何ですか?「ワンちゃんには首輪が当たり前だから」「首輪は見た目がカッコイイ」「首が苦しそうだからハーネスを選んだ」といったさまざまな理由があると思いますが、できればしっかりと目的を持って選んであげたいもの。そこで今回は、首輪とハーネスの違いやアイテム選びのポイントについて紹介します。

それぞれのメリット&デメリットを知ろう

まずは首輪とハーネス、それぞれのメリットとデメリットを見ていきましょう

首輪のメリット

首輪は単にワンちゃんをつなぐ道具ではなく、しつけに有効なツール。飼い主さんの指示を伝えるのに適しています。例えば引っ張り癖があるワンちゃんには、首輪を通じて「引っ張ると苦しいから、飼い主さんと歩調を合わせよう」と理解してもらうことができます。

首輪のデメリット

首に装着するため、首や気管に負担がかかることがあります。特に首が細い小型犬や体が重な大型犬は、体への影響が懸念されます。危険を回避する際、とっさにリードを引っ張るとワンちゃんがケガをすることもあるので要注意。さらに首から抜けやすく、脱走する危険性も。

ハーネスのメリット

ハーネスは「胴輪」とも呼ばれ、ワンちゃんの胴体に装着するアイテム。元々は犬ソリを引くために使われていました。首輪と違って上半身全体で力を支えられる設計になっているので、首や呼吸器官に負担をかけにくいというメリットが挙げられます。

ハーネスのデメリット

犬ソリに使われていたように、ハーネスは言わば引っ張ることに適したアイテム。引っ張っても首に負担がかからないので、飼い主さんがコントロールすることが難しいという難点があります。引っ張り癖を直したいワンちゃんには不向きかもしれません。

犬種や性格によって使い分けよう

首輪とリードを選ぶポイントを紹介します

首輪が向いているワンちゃん

これからしつけを始めたいワンちゃん、引っ張り癖を直したいというワンちゃんには首輪がおすすめです。特にある程度大きくなった子犬には、指示を出しやすい首輪で散歩のルールを教えてあげると良いでしょう。

ハーネスが向いているワンちゃん

首や呼吸器に疾患があるワンちゃん、シニア犬には首への負担のないハーネスがおすすめ。またパグやフレンチブルドッグなどの短頭種は首輪が抜けやすく、呼吸器が弱いことが多いのでハーネスを選んだ方が良いかもしれません。

首輪・ハーネス選びのポイント

アイテムを選ぶ際に気をつけておきたいこととは?

首輪は指1~2本が入るサイズを

首輪はきつすぎず、ゆるすぎないサイズのものを選びましょう。愛犬の首周りピッタリのものを選ぶのでなく、ややゆとりがあってサイズ調整ができるものが◎。毛の状態や体格、成長によってサイズは変わるので、定期的に首輪のサイズをチェックしてください。

ハーネスは正しいサイズと取り付け方で

ハーネスはワンちゃんの体をしっかりと固定してくれますが、後ずさりすると抜けやすいというデメリットがあります。対策としては、愛犬のサイズに合ったものを選び、正しく取り付けること。ペットショップで店員さんに相談し、できれば試着をして選んでください。

首輪に迷子札を装着しよう

脱走災害に備えて、首輪にはワンちゃんの名前や飼い主さんの電話番号を記した迷子札をつけておきましょう。万が一、ハーネスが抜けて脱走してしまった時のために、迷子札つきの首輪もつけておくと安心です。

まとめ

固定概念や見た目の良さにこだわらず、今の愛犬に適した首輪やハーネスを選ぶことでしつけや健康管理につなげることができます。ただし「引っ張り癖があるから首輪にしたけれど、一向に引っ張るのを止めずに苦しそう」といった問題があれば、かかりつけの獣医師やドックトレーナーに相談して。最近はしつけもできるハーネスといった便利なアイテムも販売されているので、ペットショップの店員に尋ねてみるのも良いでしょう。

合わせて読みたい記事

よく読まれている記事ランキング

  1. 1

    愛犬の歩き方。足を引きずる、浮かせる…のサインを見つけたら。

  2. 2

    アイスや果物は大丈夫?犬に与えていい食べ物、ダメな食べ物

  3. 3

    知ってる?目の周りが変色する!“犬の涙やけ”と対策

  4. 4

    “痒み”や“赤み”…季節の変わり目は愛犬の皮膚トラブルに用心!

  5. 5

    愛犬に血便がでたらどうする?原因は?

過去記事一覧

TOP