愛犬と快適なドライブを楽しむコツ

ワンちゃんのしつけ

お休みの日は愛犬とお出かけを楽しみたいですよね。私たちは電車やバスで移動できますが、愛犬と一緒の場合は車が便利。レジャーだけでなく動物病院に行く際など、愛犬を車に乗せる機会は何かと多いと思います。ところが愛犬をいきなり車に乗せて嫌な思いをしてしまうと、トラウマになって車嫌いになることも。そこで今回は、ワンちゃんが快適にドライブを楽しめるコツと注意点について紹介していきます。

ワンちゃんを車に慣れさせるコツ

まずは短時間からスタート

ワンちゃんは平衡感覚に優れている分、車に酔いやすいと言われています。ドライブ初心者のワンちゃんの場合は、車そのものに慣らしていくことが大事。まずは停車した車に乗せることから始め、エンジンをつける、数分程度車を走らせるなど、徐々に慣らしていきましょう。

「車=楽しい」を覚えてもらう

よくありがちなのが、動物病院に行く時だけ車に乗せることで、愛犬が車嫌いになってしまうパターン。ワンちゃんは「車=病院=嫌なこと」と関連付けてしまうことがあるので、車で公園に連れて行くなどして「車=楽しいことがある」と理解してもらうように。

キャリーやクレートで揺れを軽減

車が揺れることで酔ってしまうことが多いので、車内では愛犬を狭めのキャリーバックやクレートに入れ、後部座席のシートベルトなどで固定して揺れを軽減しましょう。愛犬を車内でフリーにすると、急ブレーキや事故の際に愛犬が飛び出す危険性もあるので避けるように。

車内で快適に過ごすコツ

快適な車内温度に設定

車内の温度は、ワンちゃんが快適と感じる20~25℃に設定しましょう。特に夏場の車内は高温になり、熱中症になりやすいので温度管理には気をつけて。芳香剤やタバコ臭を苦手に感じるワンちゃんもいるので、出かける前には換気を充分にして空気を入れ替えましょう。

こまめな休憩と水分補給

長距離ドライブの場合は、最低でも2時間に1度は休憩するように心がけて。最近は高速道路のサ―ビスエリアにもドッグランのようなワンちゃん専門の休憩スペースが設けられているので活用すると◎。散歩や排泄と同時に、こまめに水分補給もしてあげてください。

便利グッズを常備しておく

水分補給に…携帯用食器・給水用ボトル、休憩時の散歩用に…リードorロングリード、ビニール袋、車内用に…キャリーバッグorクレート、ワンちゃん専用ドライブボックス、嘔吐や排泄物の処理用に…ウェットティッシュ、ペットシーツ、新聞紙 があると便利。

ドライブ中のNG行為

運転手の膝上に乗せる

愛犬が寂しがる、抱っこしたいといった理由から、ワンちゃんを膝の上に置いて運転していませんか?実はこの行為、道路交通法違反になる可能性があります。運転手の視野やハンドル操作の妨げになる状態での運転は禁じられており、過去に逮捕者も出ているので要注意。

ワンちゃんを車内に残す

ドライブの途中に食事や買い物に行く際、お店がペットNGだからといってワンちゃんを車内にお留守番させていませんか?「ちょっとの間だから」と思っていても停車中の車内は高温多湿になりやすく、熱中症を起こす危険性が高いのでワンちゃんだけのお留守番は避けて

窓から顔を出す

外の空気を吸おうと走行中に窓を開けることがあると思います。その際、愛犬が窓から顔を出さないように注意して。そのまま外に飛び出して転落する危険性があります。また誤ってパワーウインドウのボタンを押して首や手を挟まないよう、ロック機能も活用して。

まとめ

私たちは楽しく感じるドライブでも、車の振動や臭い、音などワンちゃんにとって不安や不快に感じるポイントがたくさんあります。そこでいきなり長距離のドライブに連れていくのではなく、車そのものに慣れることから始めていきましょう。愛犬を乗せている時には急発進や急ブレーキをしないように気を配り、いつもより一層の安全運転を心がけて。ドライブから帰った後は、散歩に連れて行って家の静かな場所でゆっくりと休ませてあげてください。

合わせて読みたい記事

よく読まれている記事ランキング

  1. 1

    愛犬の歩き方。足を引きずる、浮かせる…のサインを見つけたら。

  2. 2

    アイスや果物は大丈夫?犬に与えていい食べ物、ダメな食べ物

  3. 3

    知ってる?目の周りが変色する!“犬の涙やけ”と対策

  4. 4

    “痒み”や“赤み”…季節の変わり目は愛犬の皮膚トラブルに用心!

  5. 5

    愛犬に血便がでたらどうする?原因は?

過去記事一覧

TOP