コツを伝授!ワンちゃんの名前の決め方

ワンちゃんのしつけ

新しくワンちゃんを迎える方や、2頭目、3頭目を考えている方は必見!今回は、ワンちゃんの名前の付け方をご紹介したいと思います。名前は、ワンちゃんに贈る最初のプレゼント。これから長い“犬生”において何度も呼ばれることになるので、素敵な名前を付けてあげたいですよね。そこで、名前を付ける上で気をつけたいポイントやワンちゃんに名前を覚えてもらえるコツを見ていきましょう。

名前を付けるルール

ワンちゃんの名前をつける際に抑えておきたいポイントとは?

ワンちゃんの聞き取りやすさを考慮

ワンちゃんは子音を聞き取ることが苦手。例えば「ムー」と「ルー」を明確に区別することは難しいでしょう。母音は聞き取れるものの、「i、e」のようなくぐもった母音は得意ではないようです。この響きをふまえ、なおかつシンプルで短いものだと理解しやすいでしょう

シンプルで短いものを

音の響きがわかりやすくても、長くて難解な名前はワンちゃんになかなか覚えてもらえません。しかも、例えば「マルノスケ」というような長い名前を付けても、結局は「マル」とニックネームで呼ぶ方も多いようです。2~3文字の、短くてシンプルな名前理想です。

家族みんなが覚えやすいものを

理想的な名前は、呼びやすくて耳馴染みの良い名前。上記でも述べましたが、長くて難解な名前はワンちゃんだけでなく飼い主さんも覚えるのが大変です。幼いお子さんからおじいさん、おばあさんまで家族みんなが覚えやすくて呼びやすい名前を付けましょう。

名前をつける際に気をつけたいポイント

名前によってはワンちゃんが呼ばれて混乱するものもあります。注意点を見ていきましょう

しつけのコマンドと似ていないものを

ワンちゃんをしつける際、「ダメ」「マテ」といったコマンド(合図)を出すことがあります。ところが名前と似ていると、呼んだ時にしつけのコマンドなのかどうか分からず混乱することも。「マメ」「ラテ」のような母音が同じで響きが似ている名前は注意して。

日常的に使う言葉は避ける

日常的に耳にする名前を付けると、ワンちゃんがその名前を使うたびに反応してしまうことが。例えば愛犬に「ティッシュ」という名前を付けたとして、「ティッシュとって」「ティッシュがない」と家庭で話すたびに、ワンちゃんが呼ばれたと思って落ち着かなくなるかも

身近な人やポピュラーな名前は避ける

ワンちゃんによく使われがちな名前を付けるのは避けるのがベスト。ドッグランといった大勢のワンちゃんが集まる場所で愛犬を呼んだ際、他のワンちゃんまで反応するかもしれません。同じく身近な人と同じ名前を付けると、その人を呼ぶ時に愛犬まで反応してしまいます

名前の付け方のヒント

どんな名前を付けたらいいのか迷っている方へ!ヒントとなるポイントを紹介します

毛色などワンちゃんの特徴をヒントに

「チョコ」「シロ」「モカ」「クロ」など、ワンちゃんの毛色をヒントに名前を付ける飼い主さんも多いようです。ただ割とよく使われる名前なので、「シロ」→「ハク」というように、別の言い方に変換してみるのもいいかもしれません。

お花や植物、果物の名前をヒントに

ワンちゃんを迎えた季節や誕生日に合わせて、旬のお花や植物、果物の名前を付けるのはいかがでしょう。春であれば「サクラ」「モモ」、秋であれば「マロン」「モミジ」といった名前がよく見られます。誕生月や誕生日の花を調べてみるのもいいでしょう。

飼い主さんの希望や願いをヒントに

健康に育ってほしいから「ゲンキ」、幸せになってほしいから「ハッピー」など、ワンちゃんがこれからどのように過ごしてほしいか思いや願いを込めた名前を付けるのも素敵です。ネットや辞書で調べながら、名前を考えるのも楽しいと思います。

まとめ

何百回、何万回と呼ぶことになる愛犬の名前。ワンちゃんにも飼い主さんにも、覚えやすく思い入れのある名前を付けてあげてくださいね。ワンちゃんに名前を覚えてもらうためには、名前を呼んで反応したらオヤツを与えて「名前を呼ばれるといいことが起きる」と覚えてもらうトレーニングをしましょう。そうすると名前を呼ぶと飼い主さんの元へと来てくれるようになります。

合わせて読みたい記事

よく読まれている記事ランキング

  1. 1

    愛犬の歩き方。足を引きずる、浮かせる…のサインを見つけたら。

  2. 2

    アイスや果物は大丈夫?犬に与えていい食べ物、ダメな食べ物

  3. 3

    知ってる?目の周りが変色する!“犬の涙やけ”と対策

  4. 4

    愛犬に血便がでたらどうする?原因は?

  5. 5

    “痒み”や“赤み”…季節の変わり目は愛犬の皮膚トラブルに用心!

過去記事一覧

TOP